設定

リスティング広告ターゲティングガイド【自社に合ったターゲティングが理解できます】

リスティング広告ターゲティングガイドを紹介しています。

リスティング広告を運用する上で、下記のようなお悩みはないでしょうか?

「ターゲティングではどんな設定ができる?」
「有効なターゲティング方法が知りたい」
「自社に合ったユーザー属性を分析する方法が知りたい」

本記事では、リスティング広告運用を始めたが成果が出ない担当者様へ向けて、リスティング広告の「ターゲティング概要」「正しいオーディエンスを見つける方法」を紹介しています。

Googleリスティング広告のターゲティング要素

Googleリスティング広告では「キーワード」「地域」等でターゲティングを実施することが可能です。

しかし、要素ごとに絞り込みの範囲や用途が変わってくるので、まずはGoogleリスティング広告で可能なターゲッティング要素の概要について理解しましょう。

キーワード

キーワードは、リスティング広告のターゲティング要素の中でも一番重要です。

リスティング広告は、事前に指定したキーワードを検索したユーザーに対して配信するので、キーワード選定を狭くするとそれだけリーチ数が少なくなります。

例えば「コーヒー おいしいカフェ」というキーワードを指定し、地域を「東京都」として出稿したのであれば「東京都在住」で「コーヒー おいしいカフェ」と検索をした方にリスティング広告が表示されます。

逆に、東京都在住でも「エスプレッソバー」「コーヒーショップ」と検索をしても広告表示されないので、多くのユーザーにリーチをしたい企業はキーワード選定を広く設定する必要があります。

地域

地域はユーザーの在住地をターゲティングとして指定できる要素です。

設定できる内容は「国」「市などの地域」「特定の地点を中心した地域」となっています。

配信時間帯

配信時間帯では、リスティング広告を配信する「曜日」「時間帯」を指定するターゲッティングです。

配信時間帯は、キャンペーンごとに最大6個まで設定することが可能となっています。

ユーザー属性

ユーザー属性は「年齢」「性別」「世帯年収」等の属性を指定するターゲティングです。

それぞれの属性を組み合わせたターゲティングも可能となっています。

オーディエンスターゲティング

オーディエンスターゲティングは詳細な要素です。

「子供の有無」「配偶者の有無」「学歴」「持ち家or賃貸」等を元にターゲティング設定ができます。

ターゲティング要素のまとめ

リスティング広告ターゲティング

リスティング広告のターゲティング要素をまとめると上記図のようになります。

各要素を組み合わせていき、ターゲットを絞り込み配信先を決定します。

リスティング広告で最適なユーザーをターゲットにする方法

続いて、リスティング広告で最適なユーザーをターゲットにする2つの方法を紹介します。

ジオターゲティング

ジオターゲティングは、指定した特定場所のユーザーをターゲットとする方法です。

「レストランなどの店舗ビジネス」「特定の国には発送するが他の国には発送しないECサイト」などに適したターゲティングとなります。

ジオターゲティングを使用すると、ターゲットエリア外のユーザーからの無駄なクリックが減少するため、費用対効果の高い広告運用が可能となります。

設定方法は下記の通りです。

  1. キャンペーンを選択
  2. 地域と広告のスケジュールの「詳細」を選択
  3. 「住所付近で広告掲載」「特定の郵便番号、市区町村」いずれかの方法を選択
  4. 地域を絞り込んで保存

オーディエンスの除外

ターゲットから特定のオーディエンスを除外するのも有効なターゲティングです。

すでにコンバージョンを達成しているユーザーが多数いる場合は、これらのユーザーを除外すると、新しいユーザーへのアプローチとコスト削減が可能となります。

手順は下記の通りです。

  1. すべてのキャンペーンから「オーディエンス」を選択
  2. 「除外設定」を選択しキャンペーンを選択
  3. 「検索」「閲覧」から除外したい項目を作成
  4. CV済みのユーザーを除外するのであれば「閲覧」→「リマーケティングと類似ユーザー」→「キャンペーンのコンバージョンアクション」を選択して「保存」

Google広告のモニタリング機能で広告データを分析しよう

ターゲティングには、Googleのモニタリング機能も活用しましょう。

モニタリング機能とは「地域」「ユーザー属性」のターゲットに関係なく広告配信し、結果をモニタリングする機能です。

例えば「スニーカー」というキーワードで出稿をすれば「地域」「ユーザー属性」は関係なく「スニーカー」と検索したユーザー全員に広告を表示します。

この結果をモニタリングすることで、どんなユーザーに広告が閲覧されているか分析できます。

このデータを参考にすることで、次回広告出稿時のターゲティング設定に活かせるということです。

モニタリングする機能は、Google広告でオーディエンスを作成する時に選択できるようになっているので、ターゲティングにお悩みの方は是非活用してみましょう。

リスティング広告モニタリング
出典:Google広告

上手にターゲティング要素を組み合わせて最適な配信を

リスティング広告ターゲティングについて紹介しました。

モニタリング機能を活用し。自社に合ったターゲティング方法を見つけてみましょう。

インハウスでの運用が困難な場合は、我々WHITE DISHにご相談ください。インハウス運用支援を行っております。

また、運用自体をおまかせしたい場合も、運用代行も行っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせ

運用・改善提案、戦略立案、インハウス支援、メンバーへの教育などお気軽にご相談ください。「Zoom」「Google Meet」などでのオンライン相談も行っております。

広告のご予算

広告出稿状況 

出稿希望広告媒体(複数可)

広告出稿希望時期

ご相談されたい内容を教えてください。 (必須)


個人情報の取り扱い」をお読みのうえ、同意してお申し込みください。

設定
最新情報をチェックしよう!