リスティング広告のキーワードの選び方を4STEPで紹介

本記事では、リスティング広告のキーワードの選び方を紹介しています。

リスティング広告はキーワードの選び方で成果が決まると言っても過言ではありません。

しかし、キーワードを選ぶ上で、

「キーワードの取得方法が知りたい」
「適切なキーワードの選び方が分からない」
「マッチタイプの活用方法が知りたい」

上記のような問題が生じるかと思います。

本記事では、リスティング広告運用を始めたが成果が出ない担当者様へ向けて、リスティング広告のキーワードの「選び方」「マッチタイプ活用方法」を紹介しています。

リスティング広告のキーワード選び方4STEP

リスティング広告のキーワード選び方を4STEPで紹介します。

下記手順に従って、実行してみましょう。

【STEP①】キーワードプランナーでリスティング広告キーワードを取得

Google広告
出典:Google広告

リスティング広告キーワードの選び方STEP①では、キーワードプランナーを使ってリスティング広告キーワードを取得します。

キーワードプランナーを立ち上げて「新しいキーワードを見つける」を選択しましょう。

キーワードプランナーでは「キーワード」「Webサイト」2つの方法からキーワードの取得ができます。

キーワード取得方法 詳細
キーワード 入力したキーワードと関連したものを取得
Webサイト Webサイトの内容と関連性が高いキーワードを取得

自社に合った方法でリスティング広告キーワードを取得してみましょう。

Google広告
出典:Google広告

【STEP②】適切なキーワードの選定

リスティング広告キーワードの選び方STEP②では、キーワードのグループ分けをして、適切なキーワード選定をしていきます。

分けるグループは以下の通りです。

ブランドキーワード

ブランドキーワードは、自社のブランド名を含むキーワードです。

コストが非常に低く、品質スコアが非常に高いキーワードとなり、クリック率 とコンバージョン率が高い特徴があります。

商用キーワード

商用キーワードは「購入」「最安値」といったリスティング広告の中で最もコンバージョンが見込めるキーワードです。

商用キーワードは競合が強いので、入札単価を高額にする必要があります。

広範囲で購買ニーズが低いキーワード

広範囲で購買ニーズが低いキーワードは、購買にはまだ遠いキーワードです。

主に認知度向上を目的としたキーワードとなっています。

例えば「顔が大きい」「顔の歪み」「エラ」などの悩みのキーワードがこのグループに分類されます。

予算に余裕がある場合は、広範囲で購買ニーズが低いキーワードでも出稿しますが、予算が限られている場合は排除するべきキーワードです。

ロングテールキーワード

ロングテールキーワードは「商品名 選び方 初心者」など3〜4の単語で構成されるキーワードです。

キーワードの競合が少ないですが、商用キーワードと合わせて出稿することでコンバージョン率向上が期待できます。

【STEP③】キーワードにバリエーションと類義語を含める

リスティング広告キーワードの選び方STEP③では、キーワードにバリエーションと類義語を含めます。

例えば、「女性用 長袖シャツ」というメインキーワードがあれば、次のようにバリエーションを増やしていきます。

  • 女性用長袖Tシャツ
  • 長袖 レディースカットソー
  • レディース長袖シャツ
  • レディース長袖ブラウス

バリエーションを増やす時は、具体性を考慮して上で実行しましょう。

【STEP④】キーワードの並べ替えと整理

最後に取得したキーワードの並べ替えと整理します。

キーワード 検索ボリューム キーワードグループ
スニーカー レディース 10万 メインキーワード
スニーカー レディース 安い 1万 商用キーワード
スニーカー レディース 最安値 1万 商用キーワード
adidas スニーカー 1万 ブランドキーワード
ハイカット スニーカー 1万 ブランドキーワード
白 スニーカー レディース 1,000 ロングテールキーワード
20代 レディース スニーカー 1,000 ロングテールキーワード
靴ズレ 痛くない方法 1万 購買ニーズが低いキーワード
靴擦れ 原因 1万 購買ニーズが低いキーワード

ターゲットを絞ったキーワードのグループに分類することで、適切にターゲティングできるため、品質スコアが向上し、コストが削減されます。

キーワードの並べ替えと整理を実行する際は、下記ポイントを考慮しながら行うと更に良いでしょう。

  • 各キーワードのパフォーマンス測定
  • 必要に応じてリストを整理または拡張
  • 具体的で関連性の高い広告を作成

マッチタイプを活用し無駄のないキーワード設定をしよう

最後にマッチタイプを活用し無駄のないキーワードを設定する方法を紹介します。

「マッチタイプ」は検索したキーワードに対して「どのようにマッチングするか」のオプションとなるため、キーワード選定には欠かせません。

Googleのリスティング広告では主に、以下4つのマッチタイプが準備されています。

部分一致

部分一致はキーワードの一部が一致してれば広告を表示するオプションです。

設定キーワード 表示されるキーワード 非表示のキーワード
シャツ レディース 女性用 シャツ 男性用 ジャケット

絞り込み部分一致

絞り込み部分一致はキーワードのに「+」を付けることで、部分一致よりも範囲を狭めるオプションです。

設定キーワード 表示されるキーワード 非表示のキーワード
+トレーニングジム +渋谷 トレーニングジム 人気 渋谷 トレーニングジム 料金

ただし、絞り込み部分一致は、2021年7月で廃止予定のオプションとなっているので注意が必要です。

引用:Google広告 ヘルプ

フレーズ一致

フレーズ一致は、設定したキーワードを含み、かつ、語順が同じ場合に表示されるオプションです。

設定キーワード 表示されるキーワード 非表示のキーワード
トレーニングジム 埼玉 トレーニングジム 埼玉 安い トレーニングジム 安い 埼玉

完全一致

完全一致は、キーワードが完全に一致した場合に表示されるオプションです。

ボリュームは低くなりますが、よりコンバージョンが見込みやすいマッチタイプになります。

設定キーワード 表示されるキーワード 非表示のキーワード
レディース 靴 レディース 靴 女性用 靴

まとめ

リスティング広告のキーワード選び方を紹介しました。

キーワードプランナーを活用して、パフォーマンスが見込めるキーワードを選定しましょう。

インハウスでの選定が難しい場合は、私たちWHITE DISHではインハウス支援も行なっております。広告文の作成などもサポートしております。

また広告運用も行なっておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせ

運用・改善提案、戦略立案、インハウス支援、メンバーへの教育などお気軽にご相談ください。「Zoom」「Google Meet」などでのオンライン相談も行っております。

ご相談内容 (必須)

最新情報をチェックしよう!