リスティング広告とは?費用や平均的な相場なども解説

リスティング広告についてお悩みでしょうか。

リスティング広告は、うまく使いこなせば、低予算で始められて良質なユーザーに訪問していただける素晴らしいツールです。

記事をアップして自然検索を集めるには、コンテンツ制作のコストも、検索エンジンから評価されるまでの時間も必要で、なおかつ確実に集客できるとは限りません。

しかし、リスティング広告はそれらの悩みを一気に飛び越えてしまう、いわば遊園地のファーストパスのようなものです。

ということで、リスティング広告とはどんなものか見ていきましょう。

リスティング広告とは?

ユーザーが検索したキーワードや行動と連動して表示される広告です。

検索連動型広告とも呼ばれ、検索エンジンでの検索結果の周辺に表示され、クリックされると課金される仕組みとなっています。

Google広告やYahoo!広告が代表的です。

リスティング広告でできること

  • 低予算でも出稿できる
  • 1日あたりの予算を決めて出稿できる
  • どんなキーワードで検索された時に広告を表示するか決められる
  • 設定した当日にでも広告を配信することができる
  • 広告の文章や見出しなども自分で設定できる

狙った検索キーワードに対して、少額から自分で決めた予算の範囲内で、設定した広告を表示することができます。

リスティング広告の掲載場所

リスティング広告が掲載されるのは、GoogleやYahoo!の検索結果内に表示されます。

検索ボックスの直下が一番良い掲載場所で、このポジションを争うためにしのぎを削ります。

リスティング広告のほうが自然検索(オーガニックサーチ)よりも有利

Googleは独自の評価基準にもとづいて検索結果を表示します。有益だと思われるものから順に検索ボックスの下に表示されていきます。

自然検索(オーガニックサーチ)とは

この検索結果と、そこからのクリックによる来訪を自然検索(オーガニックサーチ)と呼びます。この表示位置は日によっても違い、人気ワードで上位表示すること、ましてやそれを維持することは並大抵のものではありません。

自然検索で上位表示するには記事の質はもちろん、被リンクの多さ、ドメインが設置されてからの年数、ドメインの運営企業の強さなど様々な要素が複雑に絡みます。それらをしっかり押さえてようやく上位表示が可能となるのです。

リスティング広告なら当日からでも上位表示が可能

しかし、リスティング広告はお金を出して出稿することで、それらの自然検索結果よりも上位の位置に表示することが可能なのです。いわばディズニーランドやUSJのファーストパスのようなものです。

さらに、表示位置だけでなく時間的な点でもリスティング広告は有利です。非常に上質で有益な記事でも、Googleから評価されるのに3ヶ月から半年はかかりますが、リスティング広告は出稿した当日からでも上位表示が可能ですので、特にサイト設置直後などはリスティング広告による集客をおすすめしています。

リスティング広告とディスプレイ広告

ディスプレイ広告もリスティング広告の中に含まれます。

ディスプレイ広告とは

ディスプレイ広告というのは、いわゆるバナー広告などの画像を伴う広告です。

検索広告は検索キーワードに対して出稿しますが、ディスプレイ広告はサイトを訪れるユーザーの興味関心、性別や年齢などに連動して表示されます。たとえば腕時計のディスプレイ広告であれば、高級ブランド好きの30〜50代の男性に出稿といった具合です。

リスティング広告の費用

リスティング広告は1万円以下のような低予算からでも始めることができます。

リスティング広告はクリックによって課金される方法が主流です。このときの金額は入札によるオークション制となっており、同じターゲットに対して出稿した中から、より高い金額を支払った人が上位表示できる仕組みになっています。

1クリックあたりの課金額のことをクリック単価と呼びますが、クリック単価は広告の種類や業種によって異なります。不動産や自動車、冠婚葬祭関連などの1契約あたりの売り上げが大きい業種はクリック単価は高めになります。

検索広告とディスプレイ広告でもクリック単価は違う

また、ディスプレイ広告よりも検索広告のほうがクリック単価は高くなります。検索という行為自体がなんらかの検討段階に入っている可能性が高いため、申し込みや購入、つまり売り上げに結びつきやすいのでクリック単価は高くなります。

逆に、ディスプレイ広告はたまたま別のサイトやメディアを見ていたところから気になってクリックしたというユーザーがほとんどで、どちらかというと即申し込みや購入に結びつきにくいため、クリック単価は低くなります。

検索連動型広告とディスプレイ広告の使い分け方

ブランドや製品、キャンペーンなどを周知させたい場合はディスプレイ広告、お問い合わせや申し込み、購入などのコンバージョンを狙いたい場合は検索連動型広告が向いています。

クリック単価の平均的な相場

これらを踏まえて、ざっくりクリック単価の相場は以下のような感じです。

  • 検索連動型広告のクリック単価の平均的な相場:100円〜200円程度
  • ディスプレイ広告のクリック単価の平均的な相場:20〜50円程度

リスティング広告を始めるのに必要な費用の目安は?

ですので、10,000円で出稿した場合、検索広告だとおおよそ50回〜100回はクリックされ、ディスプレイ広告だと200〜500回のクリックが見込めます。
リスティング広告は日単位で予算を設定できますので、1日あたり300円で7日間だけ出稿といった具合で、期間と予算に合わせて出稿が可能です。

広告予算の決め方

あとはクリックで来訪したユーザーがお申し込みや購入やお問い合わせなどのコンバージョンに至る割合(コンバージョン率)から逆算し、広告予算を決定します。

コンバージョン率の平均的な相場

コンバージョン率は、本当にざっくり言うと0.1〜2%ぐらいが相場となります。

かなり幅があるのは、購入やお問い合わせといったコンバージョンの内容、業界、購入や契約の1回あたりの売り上げの金額などによってかなり異なるからです。正直なところ、そのあたりをお聞きしないと算出できないです。

ぜひご相談いただければ、より詳しいコンバージョン率をお答えさせていただきます。

リスティング広告の掲載順位の決まり方

リスティング広告は入札制なので、基本的には入札金額が高い人から順に上位表示されますが、それ以外に品質スコアも加味した広告ランクによって決定されます。

品質スコアとは

品質スコアは、検索キーワードに対して広告文や誘導先のページ内容などのマッチ率、クリック率、ページの表示速度やユーザーの利便性によって評価されます。

なので、よりユーザーの検索意図にマッチした良質な広告やページでありつつ、高い金額で入札した人が上位表示されます。

リスティング広告の効果・メリット・デメリット

リスティング広告の効果やメリット・デメリットを見てみましょう。

リスティング広告の効果・メリット

  • すぐに広告出稿して表示できる
  • 低予算でも成果が出やすい
  • 費用対効果が確認しやすい
  • 状況に応じてすぐに調整ができる
  • 効果の即効性が高い
  • 購入や問い合わせをしたいユーザーに出稿できる

リスティング広告の効果・メリット

  • 操作や設定方法を覚えるのに時間がかかる
  • 媒体が多種多様
  • 適正予算や相場がわかりにくい

Google広告やYahoo!広告などたくさんの媒体があり、それぞれで操作方法やタグ設置などの設定方法が異なるので、ある程度のプログラミングの知識が必要であったり、媒体ごとの操作方法を覚えるのが大変です。

さらに業種やサービス内容によって平均単価などもまちまちなので、ある程度たくさんの業種の広告を運用した経験がなければ、相場感もわかりにくく、自社の広告運用は完璧と思っていても、実は成果の出にくいムダな出稿をしているということも多いです。

その反面、出稿できればすぐに広告が表示され、購入や問い合わせを希望している良質なユーザーに届けることができますので、即効性が高いのでリスティング広告は多く活用されています。

まずはお気軽にご相談を

リスティング広告のメリットも理解できたし、すぐにでも出稿したいけど、ノウハウもないし設定も大変そう、社内のリソースも追いついていない。

そんなお悩みがございましたら、ぜひお気軽にご相談いただければと思います。柔軟に対応させていただきます。

最新情報をチェックしよう!