設定

リスティング広告の品質スコア完全ガイド【媒体別の品質スコア確認方法も紹介】

品質スコアは、リスティング広告の費用対効果やパフォーマンスに多大な影響を与えます。

そのため、リスティング広告運用を成功させるには、品質スコアをしっかりと理解する必要があります。

しかし、リスティング広告の品質スコアについて考える上で、

「品質スコアの定義が分からない」

「品質スコアを上げるメリットが知りたい」

「品質スコアを改善する方法が知りたい」

上記のような課題が生じるかと思います。

本記事では、リスティング広告運用を始めたが成果が出ない担当者様へ向けて、品質スコアの「基礎知識」「改善テクニック」を紹介しています。

リスティング広告品質スコアの基礎知識

品質スコアは、広告の関連性を判断する評価システムです。

品質スコアが高くなるほど、掲載順位が高く、クリック単価が低くなるメリットがあります。

決定要素

品質スコアは、次のような複数の要素によって評価されます。

  • クリック率
  • 各キーワードと広告グループとの関連性
  • ランディングページの品質と関連性
  • 広告テキストの関連性
  • 過去の広告アカウントのパフォーマンス

上記要素によって、1~10の品質スコアが決定されます。

各要素に共通するポイントは「ユーザーが求める情報との関連性が高く有益であるか」ということです。

品質スコアが上がれば広告ランクも上がる

広告ランク向上も品質スコアを上げる目的の1つです。

広告ランクは、入札金額と品質スコアの掛け合わせで決まる「広告優先度」です。

「入札金額×品質スコア=広告ランク」

上記計算式で広告ランクが決まります。

広告ランクが高い広告から、広告掲載順位が高くなるので、よりたくさんのクリックを得られる可能性があります。

リスティング広告のCPC完全ガイド【クリック単価を下げる5つの強力な方法も公開】

Google広告での確認方法(品質スコア)

出典:Google広告

Google広告で品質スコアを確認する場合は「検索キャンペーン」→「キーワード」で確認できます。

出典:Google広告

「品質スコア」が表示されない場合は「表示項目」から「品質スコア」を追加すれば表示されるようになります。

Yahoo!広告での確認方法(品質インデックス)

出典:Yahoo!広告

Yahoo!広告で品質スコアを確認する場合は「検索広告」→「キーワード」を選択します。

出典:Yahoo!広告

管理画面下部で確認できます。

Yahoo!広告の場合は表記が「品質スコア」ではなく「品質インデックス」となっているので注意が必要です。

リスティング広告の品質スコアを改善する5つのテクニック

リスティング広告の品質スコアを改善する5つのテクニックを紹介します。

1%未満のクリック率の広告を排除または変更する

品質スコアを改善するには、クリック率1%未満の広告を排除または変更を実施しましょう。

クリック率が1%未満ということは、ユーザーが求める情報との関連性が低いと考えられます。

「マッチタイプの変更」「広告テキストの変更」を実施してクリック率向上を目指してみましょう。

適切なアカウント構成

品質スコアを改善には、適切なアカウント構成も必要です。

品質スコアには関連性が影響するため、キャンペーンをシンプルにして、整理されたキーワードグループを構造化する必要があります。

適切に構成されたアカウントは、自然と関連性も高くなるため、品質スコア改善に繋がります。

リスティング広告アカウント構成方法を6STEPで紹介

キーワード挿入機能を利用してクリック率を向上させる

キーワード挿入機能を利用することでも品質スコアは改善できます。

キーワード挿入機能は、設定したキーワードで広告テキストを動的に変更できる機能です。

例えば、挿入機能で「格安 航空券」というキーワードで広告出稿したと仮定します。

ユーザーが「カナダ 航空券」と検索した場合、表示される広告テキストは「格安 航空券」ではなく「カナダ 航空券」と表示されます。

これにより、ユーザーは関連性の高い広告だと判断し、クリック率が向上します。

クリック率が向上すれば、品質スコアも改善されるということです。

各広告グループとLPの関連性を確認

各広告グループとLPの関連性を確認することでも、品質スコアは改善できます。

Google広告では、広告とLPの関連性を「平均より上」「平均値」「平均より下」の3段階で評価できます。

「平均より下」の判定だった場合は「タイトルと説明文の両方にキーワードを入れる」「アカウント構成」等の対策が必要です。

出典:Google広告

関連性は、品質スコア確認方法と同じ手順で追加できます。

LPの速度を確認

品質スコアを改善するには、LPの速度を確認しましょう。

LP表示速度も品質スコアに大きく関わってくるためです。

表示速度を確認するには「Google PageSpeed Insights」を利用します。

速度が100点満点で採点されて、改善方法も提示されるので活用してみましょう。

まとめ

リスティング広告の品質スコアについて紹介しました。

品質スコアを改善すると、掲載順位が高くなり、クリック単価が低くなるメリットがあります。

「ユーザーが求める情報との関連性」を考慮することで改善できます。

自社での品質スコア改善が難しいと感じた方は、我々WHITE DISHにご相談ください。

また、運用自体をおまかせしたい場合も、運用代行も行っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせ

運用・改善提案、戦略立案、インハウス支援、メンバーへの教育などお気軽にご相談ください。「Zoom」「Google Meet」などでのオンライン相談も行っております。

広告のご予算

広告出稿状況 

出稿希望広告媒体(複数可)

広告出稿希望時期

ご相談されたい内容を教えてください。 (必須)


個人情報の取り扱い」をお読みのうえ、同意してお申し込みください。

設定
最新情報をチェックしよう!