リスティング広告を改善するための5つの方法【改善事例も紹介】

本記事では、リスティング広告の改善方法を紹介しています。

リスティング広告を改善する上で、下記のようなお悩みはないでしょうか?

「コンバージョンが見込める強力なアカウント構築方法が知りたい」
「キーワード選定方法が分からない」
「除外キーワードの見つけ方が知りたい」

本記事では、リスティング広告運用を始めたが成果が出ない担当者様へ向けて、リスティング広告の改善方法を5つ紹介しています。

リスティング広告を改善するための5つの方法

リスティング広告を改善するための5つの方法を紹介します。

リスティング広告で成果が出ない方は、下記改善方法を実行してみましょう。

【改善方法①】強力なアカウントを構築する

リスティング広告改善方法1つ目は、強力なアカウントを構築する方法です。

まず、自社のリスティング広告の下記内容を確認します。

  • 各広告グループに含まれるキーワードの数
  • 各広告グループに含まれる広告の数
  • キーワード間の関連性、および各グループ内の広告の関連性

まずは、自社リスティング広告の出稿内容をまとめてリストを作成しましょう。

【事例】キャンペーンを製品・サービスごとに分割する

アカウント内容をまとめたら、広告キャンペーンを製品・サービスごとに分割します。

例えば、自社でスキーウェアのレンタル事業を展開していると仮定しましょう。

その場合キャンペーンと広告グループを下記のように分類していきます。

  • キャンペーン=「ジャケット-レンタル」
  • 広告グループ=「女性用ジャケット-レンタル」「男性用ジャケット-レンタル」「キッズジャケット-レンタル」

この改善方法の目的は、関連性です。例えば、成人ユーザーが「ジャケット-レンタル」と検索をして「キッズジャケット-レンタル」の広告が表示されてもクリックはされません。

こういった誤差をなくすためにも、キャンペーンを製品・サービスごとに分割する作業が必要になってくるということです。

【改善方法②】高性能なキーワードに注目する

リスティング広告改善方法2つ目は高性能なキーワードに注目する方法です。

リスティング広告の中には、クリック率とコンバージョン率が異常に高い高性能なキーワードが存在します。

まずは、自社の出稿しているキーワードを調査し、クリック率とコンバージョン率が一番高いキーワードを見つけましょう。

【事例】1つのキーワードから新しい広告グループを作成する

高性能なキーワードが分かれば、このキーワードから新しい広告グループを増やしていきます。

例えば、自社の高性能なキーワードが「スキー服 レンタル」だった場合は「オンライン スキー服 レンタル」「即日 スキー服 レンタル」など関連性の高い広告グループを増やしていきます。

【改善方法③】除外キーワードリストの構築

リスティング広告改善方法3つ目は、除外キーワードリスト構築方法です。

除外キーワードリストの構築することでコストを大幅に削減し、リスティング広告を改善することができます。

除外キーワードを選定するには、広告が表示された検索語句を確認する必要があります。

Google広告の場合「キーワード」→「検索語句」で確認可能です。

Google広告
出典:Google広告

【事例】製品・サービスとの関連性が低い、CV率が悪いものを除外

除外するキーワードは、ある程度クリックされているのにも関わらず、CV率が低いものを選定します。

例えば、スキーで使用する服のみのレンタルを実施しているのにも関わらず「レンタル スキー」というキーワードで出稿すると「スキー板をレンタルしたいユーザー」も流入してしまう可能性があるということです。

キーワード ニーズ
レンタル スキー スキー用品・スキー服のレンタルがしたい
レンタル スキー服 スキー服のレンタルがしたい

自社のサービスとの関連性とCV率を考慮して、除外キーワードを選定してみましょう。

【改善方法④】パフォーマンスの低いキーワードを一時停止

リスティング広告改善方法4つ目は、パフォーマンスの低いキーワードを一時停止する方法です。

キーワードの掲載結果が低いかを判断した上で、キーワードを一時停止します。

この方法を実施するには、最低1か月程度データを収集した上で実行しましょう。

キーワードを一時停止した方が良いケースは下記2つです。

【事例①】検索ボリュームが少ないキーワード

十分な入札単価を設定しているにもかかわらず、クリック率が増えていない場合は、キーワードが長すぎるか、ユーザーが検索していないキーワードである可能性があります。

リスティング広告アカウントを整理するために、これらのキーワードを一時停止をしましょう。

【事例②】マッチタイプが広い

検索ボリュームは多くても、マッチタイプが広すぎる場合は、クリック率やコンバージョンが極端に低くなる場合があります。

そういった場合は、キーワードを一時停止し、マッチタイプを「フレーズ一致」「完全一致」に切り替える必要があります。

【改善方法⑤】広告を最適化し、新しい広告テキストを作成する

リスティング広告改善方法5つ目は、広告の最適化です。

リスティング広告のパフォーマンスを向上させるためには、広告テキストを定期的にテストして調整する必要があります。

【事例①】さまざまなバリエーションテスト

リスティング広告を改善するには、さまざまなバリエーションテストを実施します。

例えば「高品質」「デザイン」などの訴求ポイントを変更した、広告文を作成し、どちらの反応が良いかテストすることで、効率的にリスティング広告を改善することができます。

まとめ

リスティング広告の改善方法を紹介しました。

今回紹介した5つの方法を実践し、リスティング広告を改善しましょう。

インハウスでの改善が難しい場合は、私たちWHITE DISHではインハウス支援も行なっております。広告文の作成などもサポートしております。

また広告運用も行なっておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせ

運用・改善提案、戦略立案、インハウス支援、メンバーへの教育などお気軽にご相談ください。「Zoom」「Google Meet」などでのオンライン相談も行っております。

ご相談内容 (必須)

最新情報をチェックしよう!