設定

リスティング広告とSEOの違い【マーケティングに最適な使用方法も紹介】

リスティング広告とSEOの違いを紹介しています。

リスティング広告を運用する上で、下記のようなお悩みはないでしょうか?

「リスティング広告とSEOの違いが分からない」
「SEOとリスティング広告の正しい使い分け方が知りたい」
「リスティング広告がSEOに影響を与えるか知りたい」

本記事では、リスティング広告運用を始めたが成果が出ない担当者様へ向けて「リスティング広告とSEOの違い」「SEOとリスティング広告の正しい使い分け方」について詳しく解説しています。

リスティング広告とSEOの違い

はじめにリスティング広告とSEOの違いについて紹介します。

リスティング広告は、検索エンジン上の広告枠に表示するテキスト型の広告です。

「広告」という表記があり、SEOよりも上部に表示されます。

Google広告
出典:Google

SEOは、検索エンジンに上位表示させるための施策です。

自身でSEO対策を実行することで、上位表示させることができます。

Google広告
出典:Google

更に「クリック率」「費用面」「即効性」3つの観点からの違いを見てみましょう。

クリック率

リスティング広告とSEOの検索順位別のクリック率(CTR)の違いは下記の通りです。

施策 1位(CTR) 2位(CTR) 3位(CTR)
リスティング広告 10.11% 7.28% 5.66%
SEO 34.84% 16.45% 9.82%

引用:Google Organic CTR History
引用:SEOとリスティングの比較(閲覧率やクリック率等)

クリック率に関してはSEOの方がクリック率が高くなっています。

ただし、リスティング広告は業界によってクリック率が大きく異なり「自動車」「旅行」業界はリスティング広告の中でも高いクリック率を誇ります。

費用面

リスティング広告とSEOの費用面の違いは下記の通りです。

施策 費用面の違い
リスティング広告 クリックベースの課金
SEO 無料

SEOは、何度クリックされても費用は発生しませんが、リスティング広告はクリックされる度に費用が発生します。

こちらも業界によって異なりますが、平均で1クリックあたり「約281円」の費用が掛かります。

引用:Google Ads Benchmarks for YOUR Industry

即効性

リスティング広告とSEOの即効性の違いは下記の通りです。

施策 即効性の違い
リスティング広告 早い、即日での上位表示が可能
SEO 遅い、最低でも数カ月掛かる

リスティング広告の即効性は早く、広告出稿してすぐに検索エンジンで上位表示することができます。

しかし、SEOに関しては、ユーザーにとって有益なコンテンツを作成する必要があるため、効果が出るまでに最低でも数カ月掛かります。

SEOとリスティング広告の正しい使い分け方

SEOとリスティング広告の正しい使い分け方について見ていきましょう。

新規企業はリスティング広告から始めるべき

新規企業やWebサイトを立ち上げたばかりの企業は、まずリスティング広告運用から始めるべきです。

リスティング広告は、マーケティング施策の中でも最も即効性のある方法なので、積極的に活用しましょう。

長期的な集客としてSEO対策も併用する

そして、リスティング広告運用と同時に自社WebサイトのSEO対策を実施しましょう。

SEO対策は、時間は掛かりますが無料で実施できるコストパフォーマンスに優れたマーケティング施策です。

リスティング広告から徐々に検索エンジンからの自然流入にシフトチェンジできれば、多くのコストを削減することも可能です。

リスティング広告とSEO連携でできること

リスティング広告とSEOの活用方法について紹介します。

両者を活用すると下記のような施策が可能です。

ブランドの認知度を高める

リスティング広告とSEOを活用すれば、検索エンジン上での可視量を2倍にできます。

そのため、企業立ち上げ時で「ブランド認知度」を向上させたい場合に有効です。

トラフィックの増加

リスティング広告とSEOを活用すれば、トラフィック量の増加も期待できます。

リスティング広告では、短期的なトラフィック、SEOでは長期的なトラフィックを獲得するため、両方の戦略を使用すると、長期と短期の両方のトラフィックを最大限に活用できます。

PPCキーワードを使用してSEOを最適化

リスティング広告を使用して、SEO でターゲットとする同じキーワードに入札すると、それらのキーワードの露出が増えます。

さらに、リスティング広告を使用してキーワードをテストすると、どのキーワードが SEO キャンペーンに最も効果的かを判断するのに役立ちます。

リスティング広告がSEOに影響を与えるのか

最後に、リスティング広告がSEOに与える影響について紹介します。

リスティング広告は検索順位に影響しない

結論、リスティング広告を出稿しても、SEOの検索順位が上がるといったような影響はありません。

こちらは2012年にGoogleのMatt Cutts氏が回答しています。

また、逆にGoogleリスティング広告出稿を終えたことにより、SEOの検索順位が下がるといったマイナスの影響もないと断言されています。

引用:Do AdWords customers get special treatment in organic search results?

ブックマークから直接訪問が増えた場合は例外

しかし、リスティング広告によりSEO検索順位が上がる例外もあります。

それは、リスティング広告出稿で「ブックマーク」を獲得し、直接訪問が増えた場合です。

スコアリング(検索順位を決める評価)にはトラフィック数も関係しているため、ブックマークからの流入が増えれば、検索順位も向上することも十分に考えられるということです。

自社Webサイトのブックマーク流入は「Googleアナリティクス」の流入元「(direct) / (none)」から確認できるようになっています。

まとめ

リスティング広告は即効性のある方法ですが、費用がかかります。

SEO対策は、無料で可能ですが多くの時間が掛かります。

また、どちらにもスキルが必要となってくるので、インハウスでの施策が難しいと感じた場合は、インハウス支援も行っている私たちWHITE DISHにご相談ください。

もちろんまるまる運用代行も可能ですので、その場合でもWHITE DISHにご相談をいただけたらと思います。

お問い合わせ

運用・改善提案、戦略立案、インハウス支援、メンバーへの教育などお気軽にご相談ください。「Zoom」「Google Meet」などでのオンライン相談も行っております。

広告のご予算

広告出稿状況 

出稿希望広告媒体(複数可)

広告出稿希望時期

ご相談されたい内容を教えてください。 (必須)


個人情報の取り扱い」をお読みのうえ、同意してお申し込みください。

設定
最新情報をチェックしよう!