設定

リスティング広告の種類と違いを徹底解説【ピッタリのWeb広告が見つかります】

リスティング広告の種類について紹介しています。

リスティング広告を運用する上で、下記のようなお悩みはないでしょうか?

「リスティング広告にはどんな種類がある?」
「自社に向いているリスティング広告が知りたい」
「Google広告とYahoo!広告以外でもリスティング広告は出稿できるのか」

本記事では、リスティング広告運用を始めたが成果が出ない担当者様へ向けて「リスティング広告の種類」「自社に合ったリスティング広告の見つけ方」について詳しく解説しています。

代表的なリスティング広告の種類は「Google広告」と「Yahoo!広告」

リスティング広告の代表的な種類は「Google広告」と「Yahoo!広告」の2種類です。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

【種類①】Google広告

Google広告
出典:Google広告

リスティング広告の種類1つ目は、Google広告です。

Google広告では、主に下記2つの広告媒体を扱っています。

Google広告の種類 配信先 広告タイプ
リスティング広告  検索結果ページ 拡張テキスト広告
レスポンシブ検索広告
ディスプレイ広告 YouTube、BIGLOBE等 拡張テキスト広告
イメージ広告

リスティング広告は、検索連動型広告とも呼ばれ、Googleの検索結果一覧ページの上部や下部に広告を表示します。

Google広告のメリット

Google広告のメリットは、スマホユーザーがYahoo!広告よりも多い点です。

そのため、スマホユーザーをメイン層をターゲットとしている企業には向いています。

また、リスティング広告とディスプレイ広告と連動することで「Google Play」上にも検索結果にも表示することが可能なので、アプリインストールを目的とした企業にもメリットがあります。

Google広告の費用・課金形式

Google広告の課金形式は「クリック課金」です。

クリック課金とは、広告をクリックした時点で費用が発生する課金形式で、1クリックあたりの予算上限を設定した上で広告出稿します。

また、ディスプレイ広告では「インプレッション課金」という広告表示回数による課金形式が採用されています。

【種類②】Yahoo!広告

Yahoo!広告
出典:Yahoo!広告

リスティング広告の種類2つ目は、Yahoo!広告です。

Yahoo!広告では、主に下記2つの広告媒体を扱っています。

Yahoo!広告の種類 配信先 広告タイプ
検索広告  検索結果ページ 拡大テキスト広告
ディスプレイ広告 Yahoo!サービスサイト 拡大テキスト広告
アメブロ等 イメージ広告

Yahoo!広告のメリット

Yahoo!広告のメリットは、自社のブランドイメージを保持できる点です。

Google広告とは異なり、Yahoo!広告は法人でなければ出稿ができません。

そのため、Yahoo!広告で広告出稿するということは、自社ブランドイメージ保持に繋がります。

また、Yahoo!広告はPCユーザーが多いことから高年齢層をターゲットした企業に向いていると言えます。

Yahoo!広告の費用・課金形式

Yahoo!広告は、検索広告、ディスプレイ広告ともに「クリック課金」が採用されています。

Google広告同様、1クリックあたりの予算上限を設定した上で広告出稿します。

「Google」と「Yahoo!」リスティング広告の違いとは

2種類のリスティング広告の違いについて見ていきましょう。

下記違いを参考にした上で、どちらのリスティング広告が自社に向いているか判断して下さい。

説明テキスト入稿規定

「Google広告」と「Yahoo!広告」の説明テキスト入稿規定の違いは下記の通りです。

Google広告(拡張テキスト広告) Yahoo!広告(拡大テキスト広告)
見出し1 30文字 30文字
見出し2 30文字 30文字
見出し3 30文字 30文字
説明文1~2 90文字 90文字

「Google広告」と「Yahoo!広告」の入稿規定については大きな差はありません。

しかし、Googleには「拡張テキスト広告」以外に「レスポンシブ検索広告」といった広告タイプが用意されています。

Google広告(レスポンシブ検索広告)
見出し1~15 30文字
説明文1~4 90文字
会社名 25文字

Googleの「レスポンシブ検索広告」では、見出しを15個、説明文を4個まで登録し、その都度最適な組み合わせを表示します。

また、広告の有効性を確認機能がついているのも「Google広告」の強みです。

リーチ数

リーチ数の違いについて紹介します。

まずは「Google」と「Yahoo!」各検索エンジンの日本国内のシェア率について見ていきましょう。

検索エンジン種類 シェア率(PC) シェア率(スマートフォン)
Google 80% 75%
Yahoo! 12% 25%

引用:Desktop Search Engine Market Share Japan | StatCounter Global Stats

上記表の通りシェア率だけで見れば、Google広告が圧倒的と言えるでしょう。

世代問わず、多くのユーザーにリーチしたい企業はGoogle広告が向いていると言えます。

ターゲット

「Google広告」「Yahoo!広告」のターゲットについて見ていきましょう。

年齢層で言うとGoogleユーザーは「20代~30代男性」の割合が高く、Yahoo! ユーザーは「50代」の割合が高くなっています。

また、普段利用するWebサイトによる違いもあります。

「Twitter」「YouTube」「Amazon」等の利用者はGoogle検索エンジンを利用する傾向が高くなっています。

「Yahoo!ニュース」「Yahoo!ショッピング」「Yahoo!知恵袋」等のWebサイトを利用するユーザーはYahoo!検索エンジンを多く利用する傾向があります。

2種類のリスティング広告はどう使い分けるべき?

「Google広告」「Yahoo広告」の違いについて紹介しました。

リーチ数や機能面から考えてもGoogle広告に軍配が上がるため、まずはGoogleのリスティング広告に力を入れるべきでしょう。

Googleリスティング広告の効果が頭打ちになった際に「Yahoo!広告」の出稿も検討するといった使い分けがおすすめです。

その他リスティング広告出稿が可能な媒体

リスティング広告の種類は「Google広告」「Yahoo!広告」以外にもあります。

他媒体でも出稿ができるリスティング広告について紹介します。

Indeed スポンサー求人広告

Indeedスポンサー求人広告

出典:Indeed スポンサー求人広告

求人媒体として有名なIndeedでもリスティング広告が出稿できます。

Indeedの検索エンジン上への出稿となるため、求人を目的とした広告出稿となります。

自社で求人を検討している場合は、Indeedスポンサー求人広告も検討してみましょう。

レモーラリスティング

レモーラリスティング

出典:レモーラリスティング

レモーラリスティングは、クロスリスティング社が提供するリスティング広告です。

「goo」「OKWAVE」「BIGLOBE」といった媒体上への広告出稿が可能となっています。

Google広告やYahoo!広告ほどのリーチは見込めませんが、競合のほとんどいない媒体でのアプローチが可能となります。

まとめ

リスティング広告の代表的な媒体は「Google広告」と「Yahoo!広告」です。

リスティング広告運用初心者なら、まず「Googleのリスティング広告」運用に力をいれましょう。

インハウスで運用でなかなか成果が見込めない場合は、運用代行でもインハウス運用支援でも、我々WHITE DISHにお気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせ

運用・改善提案、戦略立案、インハウス支援、メンバーへの教育などお気軽にご相談ください。「Zoom」「Google Meet」などでのオンライン相談も行っております。

広告のご予算

広告出稿状況 

出稿希望広告媒体(複数可)

広告出稿希望時期

ご相談されたい内容を教えてください。 (必須)


個人情報の取り扱い」をお読みのうえ、同意してお申し込みください。

設定
最新情報をチェックしよう!