リスティング広告の特徴やメリットとは?

サイトやサービスを立ち上げた直後で、検索エンジンからの集客が全然みられない。

または、現在コンテンツマーケティングを実施しているが、集客はできていても、思うように申し込みや購入に結びつかない。

そんなお悩みをお持ちではないでしょうか。

Google広告やYahoo!広告などのリスティング広告を、うまく活用し戦略に採り入れることで、これらのお悩みを解決できるかもしれません。ということで、リスティング広告の特徴やメリットを見てみましょう。

即効性が高い

コンテンツマーケティングは、残念ながら即効性がありません。どれだけ良質なコンテンツでも、大量にコンテンツを用意したとしても、検索エンジンがそれらをしっかり評価してくれるには、サイト立ち上げ直後だと6ヶ月以上はかかります。

サイトがある程度評価された後でも、狙ったキーワードで上位表示しようと思うと至難の業です。さらに、一瞬上位表示されただけではもちろんダメで、常に競合と戦い続けないといけないので、リライトなどコンテンツのメンテナンスも欠かせません。

しかし、リスティング広告であれば、その日からでも狙ったキーワードやオーディエンスに対して出稿ができます。

申し込みや購入の見込みが高いユーザーに配信できる

自然検索と呼ばれる、GoogleやYahoo!などの検索エンジンからの集客の場合、サイト運営者は残念ながら客を選べません。

それは、サイトコンテンツを検索エンジンが把握し、キーワードごとに順位づけを行っていくのですが、どのキーワードでサイトを紹介されるかは、完全に検索エンジン次第だからです。

しかし、リスティング広告は広告を配信したいキーワードやオーディエンスの属性や興味関心を、出稿主が指定して配信できます。

そのため、これらを上手く設定することで、申し込みや購入の見込みが高いユーザーを狙って広告を配信することができます。

費用なども細かく設定可能

リスティング広告は、費用も100円以下からでも出稿可能で、1日単位で設定することができます。また、掲載内容も規定に反した内容でなければ、自由に設定でき、いつでも変更可能です。

曜日や時間や、ユーザーの年齢や性別などの属性に応じて予算を調整することもできます。

つまり、予算に応じて少額から始めることもでき、ターゲットによって柔軟に配信量を調整でき、急な変更にも対応できます。

B to B、B to Cどちらでも効果有り

B to Bの場合、コンテンツマーケティングだと、サービスを求めているユーザーをうまく集客しにくいですが、リスティング広告はピンポイントでユーザーを絞って配信可能なので、コンバージョン率と呼ばれる、セッションあたりの申し込みや購入率は格段に上がります。

B to Cにおいても、集客できるキーワードはHow to系と呼ばれる、申し込みや購入から遠い、知識や情報だけを提供するものであったりする場合が多く、コンテンツの量の割りに思うようにコンバージョン率が上がらないことが多いですが、リスティング広告であれば、サービスを検討段階のユーザーに配信することができるため、こちらでも申し込みや購入率は格段に上がります。

リスティング広告を上手く活用した戦略を

サイトやサービス立ち上げ時は、検索エンジンからの自然流入に半年以上必要なので、それまでの期間をリスティング広告で凌いだり、現在コンテンツマーケティングも実施しているが、コンバージョン率が低く、思ったように申し込みや購入に至らないので、リスティング広告で効率よく集客したり、状況に応じて上手く組み込み、戦略を練ることができるのがリスティング広告です。

私たちWHITE DISHは、これらの戦略やノウハウが豊富にあります。ぜひ、一度ご相談ください。

お問い合わせ

運用・改善提案、戦略立案、インハウス支援、メンバーへの教育などお気軽にご相談ください。「Zoom」「Google Meet」などでのオンライン相談も行っております。

ご相談内容 (必須)

最新情報をチェックしよう!